アニメあらすじネタバレ

アニメ『鬼滅の刃』10話あらすじネタバレ結末!感想や伏線や謎考察!

アニメ『鬼滅の刃』の10話「ずっと一緒にいる」のあらすじネタバレ結末を解説します!

鬼舞辻無惨の刺客と決着するお話になります。

最後は、どこか切なく、悲しくなる物語になっていました。

それでは、以下からどうぞ!

※以下から、ネタバレを含みますので、未だ知りたくない方はご注意ください!

\鬼滅の刃を無料視聴するならU-NEXT/

配信サービス 無料期間

31日間無料

鬼滅の刃10話のあらすじネタバレ結末

鬼滅の刃10話のあらすじネタバレを解説します!

矢印の鬼である矢琶羽の首を切ります。矢琶羽は消滅する間際まで、炭次郎を道連れにすると言って、矢印の全方位攻撃をします。炭次郎は、様々な型を連発して、その矢印の衝撃を和らげていきます。しかし、連発で型を使うことがないので、体がボロボロになっていきます。最後は、矢琶羽が消滅し、矢印攻撃もなくなることになりました。その後、炭次郎は禰豆子の元に加勢に行こうとするが、体が動かなくなっていたので、口で刀を咥えて移動します。

一方、禰豆子は、朱紗丸と戦っていました。お互いに毬を蹴り合って戦います。禰豆子は、戦いで強くなったのです。そんなところに、珠世が出て来て、鬼舞辻無惨の正体を臆病者だと挑発します。そして、その理由が、呪いをかけて鬼を操作しようとするからだと伝えます。そんな挑発と合わせて、珠世は、血鬼術の白日の魔香(はくじつのまこう)を使っていました。使われた鬼は秘密などを守るのが不可能になる技です。そして、朱紗丸は鬼舞辻無惨の名前を言ってしまいます。

すると、朱紗丸の体から手が出て来て、朱紗丸を殺します。珠世が呪いの正体を、体内の残留する鬼舞辻無惨の細胞が体を破壊することと言います。鬼舞辻無惨は、鬼の細胞を破壊できる能力も持っているのです。

その後、朱紗丸は跡形もなくなります。そして、炭次郎に彼らは十二鬼月ではないと伝えます。その理由は、眼球に数字が刻まれていないからです。弱すぎると珠世は言い、念のため、血を取ります。

それから、炭次郎と朱紗丸は会話します。朱紗丸は「遊ぼ」と小さい子供の声で話かけます。この光景を見て、炭次郎は、十二鬼月だと煽てられ、戦わされ、呪いで命を落とした人生に救いがないと感じます。そして、鬼舞辻無惨を許さないと誓います。

戦いが終わり、禰豆子は珠世に抱きつきます。禰豆子は、愈史郎と珠世は人間だと思って、しかも家族のように感じているのです。それを見て、炭次郎は暗示にも自分の意思があると解釈します。珠世は人間と感じてくれたので涙します。

その後、カラスが来て、南南東に向かえと言われます。そして、南南東に向かっていると、頼むから結婚してくれと女の子にお願いする黄色髪の男を目撃します。

【結末まとめ】

①2人の刺客を倒した。

②刺客は十二鬼月ではなかった。

③禰豆子は鬼でも人間と思うことがある。

④珠世の血鬼術は幻惑系。

⑤炭次郎は黄色髪の男と出会う

鬼滅の刃10話の感想

鬼滅の刃10話の感想をご紹介します!

第10話は、刺客を倒すことができましたが、悲しいお話でしたね〜

本当に刺客達は、踊らされていただけですね。

そんな中、禰豆子がかなり強くなったことに驚きました。

禰豆子も何か血鬼術が使えるようになるのではないかと予想しています。

次話では、新しい仲間と協力しそうですね〜

黄色髪の男の正体が気になりますね!

鬼滅の刃10話の伏線と謎と考察

鬼滅の刃10話の伏線と謎を列挙します!

【鬼滅の刃10話の伏線と謎】

①十二鬼月は誰なのか?

②鬼舞辻無惨の呪いを珠世は受けていない?

③黄色髪男の正体は?

結局、十二鬼月が誰なのか気になりますね〜

また、鬼舞辻無惨の名前を鬼が言うと呪いが発動するのに、なぜ、珠世は発生しないのか謎ですね。珠世が十二鬼月かもしれません。

そして、新しく登場する黄色髪の男。いきなり女の子にお願いしている感じで、面白そうなキャラクターですね。おそらく、炭次郎の仲間なので楽しみですね!

まとめ

アニメ『鬼滅の刃』の10話「ずっと一緒にいる」のあらすじネタバレ結末を解説しました!

鬼舞辻無惨の呪いが分かりましたね〜

そして、鬼舞辻無惨が、鬼を作れて殺せることを分かったのが、今後何か手がかりになりそうですね。

次話では、新しい仲間と合流しそうなので、楽しみですね♪

\鬼滅の刃を無料視聴するならU-NEXT/

配信サービス 無料期間

31日間無料