アニメあらすじネタバレ

アニメ『鬼滅の刃』11話あらすじネタバレ結末!感想や伏線や謎疑問!

アニメ『鬼滅の刃』の11話「鼓の屋敷」のあらすじネタバレ結末を解説します!

善逸と出会うお話になっていました〜

善逸と炭次郎の会話がネタ要素多くて、本当に笑えるお話になっています♪

それでは、以下からどうぞ!

※以下から、ネタバレを含みますので、未だ知りたくない方はご注意ください!

\鬼滅の刃を無料視聴するならU-NEXT/

配信サービス 無料期間

31日間無料

鬼滅の刃11話のあらすじネタバレ結末

鬼滅の刃11話のあらすじネタバレを解説します!

物語は、「結婚してくれ」と少女にお願いする黄色髪の男と遭遇するシーンから始まります。そして、黄色髪の雀が炭次郎に話しかけ、事の顛末を伝えます。それから、炭次郎は、少女と黄色髪の男を離し、黄色髪の男を注意します。

黄色髪の男は、炭次郎に最終選別で会ったと言うが、炭次郎は「記憶がない」と言います。そして、黄色髪の男の言い分は、倒れていた時に声をかけられたので結婚を頼まれたと思ったようです。しかし、少女には、心配されただけで、結婚を頼まれた訳ではありませんでした。それから、黄色髪の男は名前を、我妻善逸 (あがつまぜんいつ)と名乗り、炭次郎に結婚できるまで守れというのでした。

それから、善逸に鬼殺隊になった経緯を聞きます。善逸は、借金のせいで爺ちゃんに拾われて、剣士にさせられた。そして、最終選別で死ぬ予定だったのに生きてしまった。次の任務で俺は死ぬことになると言うのでした。また、雀と会話できる炭次郎に驚いていました。

その後、カラスに急かされて、二人で鬼討伐に向かいます。そして、二人は屋敷にたどり着き、近くには子供がいて、兄貴が連れていかれたと言われます。その屋敷を、子供たちは、化物の家と言っていました。

そんな中、屋敷から鼓の音と一緒に人が飛んできて亡くなりました。しかし、それは子供達の兄ちゃんではなく、兄ちゃんは柿色の着物を着ていると言われ、炭次郎は屋敷の中に向かうことを決めます。

炭次郎は、禰豆子の箱を子供たちに頼んで、善逸と二人で屋敷に入ります。ですが、禰豆子の箱がカリカリ言うことから、屋敷に子供が入ってきてしまうのでした。

そして、鼓の音で、炭次郎は男の子と善逸と離れます。炭次郎はてる子と別部屋に飛ばされました。そこで、二人は鬼と遭遇します。

そんな中、善逸は男の子と歩いていると、猪の皮を被った男と遭遇します。猪の男は、猪突猛進と言って、そのまま走ってどこかに行ってしまいました。

炭次郎は隙の糸が見えたので、鬼に攻撃しようとします。しかし、鼓の音で、屋敷が回転して斬ることはできませんでした。そんな中に、猪突猛進の掛け声で、猪の皮を被利、日輪刀を持った男が登場します。

【結末まとめ】

①黄色髪の男は我妻善逸だった。

②善逸のパートナーは雀である。

③鼓の鬼が敵である。

④二人の子供のお兄ちゃんを探す。

⑤猪の皮を被った鬼殺隊も登場する。

鬼滅の刃11話の感想

鬼滅の刃11話の感想をご紹介します!

第11話は、うるさい善逸が登場しましたね〜

本当のへたれキャラっぽいですね!

何のために鬼殺隊で活動しているか謎な男です。

これから、どんな活躍をするか楽しみですね!

鬼滅の刃11話の伏線と謎と考察

鬼滅の刃11話の伏線と謎を列挙します!

【鬼滅の刃11話の伏線と謎】

①善逸のパートナーが雀の理由は?

②炭次郎が雀と会話できる理由は?

③猪の鬼殺隊の正体は?

炭次郎は匂いを判別できるだけなく、動物と話せる能力があるのに驚きました!

おそらく、山暮らしで第6感が発達したのだと思います。それか、親の遺伝ですかね♪

そして、また新しいクレイジーなキャラが出てきましたね〜

猪突猛進がかなりツボです!

最終選別にはいなかったので、彼が何者なのか気になりますね〜

まとめ

アニメ『鬼滅の刃』の11話「鼓の屋敷」のあらすじネタバレ結末を解説しました!

善逸は分かりましたが、また新しいキャラクターが登場しましたね〜

炭次郎以外、癖が強いキャラが仲間になりそうで、面白いチームになりそうですね!

ただ、猪は最終選別にいなかったので、階級は上になるんでしょうかね〜

次話では、新しい仲間が戦いそうなので、楽しみですね♪

\鬼滅の刃を無料視聴するならU-NEXT/

配信サービス 無料期間

31日間無料