アニメあらすじネタバレ

アニメ『鬼滅の刃』3話あらすじネタバレ結末!感想や伏線や謎疑問!

アニメ「鬼滅の刃」の3話「錆兎と真菰」のあらすじネタバレ結末を解説します!

第3話は錆兎と真菰と言う謎の子供と出会うことになります。

二人とも強くて、鱗滝を知っている不思議な子供です。

二人の正体が、とても気になりますね〜

それでは、以下からどうぞ!

※以下から、ネタバレを含みますので、未だ知りたくない方はご注意ください!

\鬼滅の刃を無料視聴するならU-NEXT/

配信サービス 無料期間

31日間無料

鬼滅の刃3話のあらすじネタバレ結末

鬼滅の刃3話のあらすじネタバレを解説します!

物語は、炭治郎が修行に行くシーンから始まります。そして、修行の前に、鬼殺隊の説明がされます。

【鬼殺隊とは】

・政府から認められていない鬼狩りの部隊。

・誰が率いているかは不明。

・鬼殺隊になるには「最終選別」を受ける必要がある。

続いて、鬼の説明もされます。

【鬼とは】

・主食人間

・いつどこで現れたかは不明。

・異能を持つ者もいる。

・特別な刀か、日の光でしか倒せない

修行の後に、鱗滝左近次が、最終選別にいけるか判断することになりました。

そして、修行が始まっていきます。刀を持った訓練含め、難易度がどんどん上がっていきます。最後は、全集中の呼吸を学び、最終試験がかされます。最終試験は、大きな岩を切ることでした。その間、禰豆子が目覚めることはありませんでした。

炭治郎は、大きな岩を切ろうとしますが、何度やっても切れません。すると、錆兎(さびと)という男の子が現れます。ただ、錆兎からは匂いはしませんでした。

錆兎と修行を始めることになりました。そして、錆兎と一緒に真菰(まこも)という女の子も修行につきあってくれるようになります。

錆兎は剣術について教えてくれて、真菰は全集中の呼吸について教えてくれました。

真菰は変わった子供で、孤児であること以外分からないのですが、鱗滝左近次が好きで、修行を他の子供も見ていると言うのでした。

それから、半年後、全集中の呼吸を学び、錆兎に勝つことができました。

そして、錆兎のお面を切ったつもりが、刀は岩を切っていました。

最後に、錆兎は笑い、真菰は「勝ってね、あいつに」と伝え、消えます。

【結末まとめ】

①鬼殺隊の最終選別のために修行をした。

②錆兎を倒し、岩を切ることができた。

③錆兎と真菰は消えてしまった。

鬼滅の刃3話の感想

鬼滅の刃3話の感想をご紹介します!

3話は、ずっと修行をしていましたね〜

鱗滝さんの後は、謎の子供である錆兎と真菰が修行につきあってくれました。

錆兎の最後の笑顔や、真菰のセリフが意味深で気になりますね!

ただ、これで、最終選別に向かえるので、今後は鬼との戦いになりそうですね♪

滅の刃3話の伏線と謎と疑問

鬼滅の刃3話の伏線と謎を列挙します!

【鬼滅の刃3話の伏線と謎】

①錆兎と真菰の正体は?

②鬼殺隊を率いている人とは?

③鬼の発生原因は?

錆兎と真菰も修行を受けていたのは間違いないと思います。ただ、匂いがしないと言っていたので、もしかすると、亡くなっているのかもしれません。

また、鬼殺隊も鬼も、トップや起源が明らかになっていないです。

鱗滝が鬼殺隊には関係しているように感じますが、鬼は謎ですね〜

今後の展開が、とても気になりますね♪

まとめ

アニメ「鬼滅の刃」の3話「錆兎と真菰」のあらすじネタバレ結末を解説しました!

錆兎と真菰が最後消えたのは驚きました〜

どちらも表情がどこか切なかったです。何か隠し事がありそうですね!

次回以降で、消えたことが分かると思うので、続編を楽しみにしたいと思います♪

それにしても、鬼滅の刃の主題歌が良いですね〜

\鬼滅の刃を無料視聴するならU-NEXT/

配信サービス 無料期間

31日間無料