アニメあらすじネタバレ

アニメ『鬼滅の刃』5話あらすじネタバレ結末!感想や伏線や謎疑問!

アニメ『鬼滅の刃』の5話「己の鋼」のあらすじネタバレ結末を解説します!

錆兎と真菰の仇を打ちましたが、最終選別は続きます。

無事に、最終選別を終えて、鬼殺隊に入隊することができるか見所になります♪

それでは、以下からどうぞ!

※以下から、ネタバレを含みますので、未だ知りたくない方はご注意ください!

\鬼滅の刃を無料視聴するならU-NEXT/

配信サービス 無料期間

31日間無料

鬼滅の刃5話のあらすじネタバレ結末

鬼滅の刃5話のあらすじネタバレを解説します!

物語は、鬼の回想シーンから始まります。鬼が人間を食べてる時、鱗滝に見つかり、追い詰められる場面が描かれます。それから、戦闘シーンに戻り、鱗滝と重なる炭次郎に首を切られます。

消滅しそうな鬼は、炭次郎の前で、兄を探していて、兄を殺したことを悔やんでいました。それに対し、炭次郎は、生まれ変わる時は、鬼に生まれないようにしてあげてと祈るのでした。そして、錆兎と真菰に「ゆっくりして良い」と心の中で伝えるのでした。

それから、炭次郎は、鬼を人間に戻す方法を、鬼と戦いながら聞きます。しかし、鬼は聞く耳を持たないで襲ってきます。そんなことを繰り返している内に、炭次郎は、最終選別をクリアして森を抜けていました。

森を抜けると、候補者の20人が4人になっていました。

その後、刀を作るための玉鋼を選ぶことや、鎹鴉 (かすがいがらす)の配給、隊服の配給などが行われました。そして、この4人は、癸(みずのと)という10段階の最下層の階級となりました。ちなみに、黄色髪の男の子は、カラスではなく雀でした。

そして、場面は変わり、軒先で「また、私の可愛い子供達が増えた」という男がいました。

それから、炭次郎は鱗滝の元に戻ります。鬼に会えれば、人間への戻り方を聞けると思った炭次郎でしたが、それは無理でした。悔やんで帰ると、禰豆子が迎えてくれました。炭次郎は喜びます。そして、鱗滝も褒めてくれました。

その後、鱗滝から「血鬼術を使う異能の鬼に注意しろ」と言われます。禰豆子も血鬼術なのかと尋ねますが、それは違うようで、禰豆子は人間を食らうかわりに寝ることで体力を回復していることがわかりました。

そして、鋼鐵塚 (はがねづか)が刀を持ってきました。日輪刀は、太陽に一番近い山からできる鋼で刀を作ることを教えられます。そして、日輪刀は、人によって刀の色が変化します。炭次郎の刀は、黒色(漆黒)になり、特殊と言われました。

それからすぐ、カラスから指令を伝えられます。北西の町で、少女が消えていると言われ、そこに向かえと言われます。

【結末まとめ】

①異形の鬼を倒し、錆兎と真菰の仇をうった。

②鬼は元々人間であった。

③炭次郎は鬼滅隊に入隊できた。

④炭次郎の他に3人最終選別をクリアした。

⑤炭次郎の刀は黒に変化した。

⑥禰豆子が目覚めた。

鬼滅の刃5話の感想

鬼滅の刃5話の感想をご紹介します!

5話で、無事に鬼殺隊に入隊できました!

炭次郎の修行の成果でしたね〜

そして、禰豆子とも再会できて、無事に一旦は一件落着ですね。

刀の黒い変化は、何か意味がありそうな気がします。

一番気になったのが、黄色髪の男の子が絶望していたことです。

カラスではなく、雀なのも気になりますね〜

鬼滅の刃5話の伏線と謎と疑問

鬼滅の刃5話の伏線と謎を列挙します!

【鬼滅の刃5話の伏線と謎】

①鬼は元々人間?

②カラスでなく雀が配給された理由は?

③日輪刀が黒に変化した理由は?

鬼にも記憶が残っていることが分かりましたね〜

最初から鬼に生まれたのか、人間が鬼になったかは謎ですが、鬼の概要が見えてきましたね。

また、カラスと雀の違いや、黒い刀である意味などが、今後伏線になると思いました。

次回以降で、明らかになると思うので、楽しみです♪

まとめ

アニメ『鬼滅の刃』の5話「己の鋼」のあらすじネタバレ結末を解説しました!

炭次郎が鬼殺隊になれて良かったです。

これで、無事に最終選別を終えましたね〜

次回から、初任務になると思うので、どんな鬼と戦うか楽しみです♪

\鬼滅の刃を無料視聴するならU-NEXT/

配信サービス 無料期間

31日間無料