アニメあらすじネタバレ

アニメ『鬼滅の刃』9話あらすじネタバレ結末!感想や伏線や謎考察!

アニメ『鬼滅の刃』の9話「手毬鬼と矢印鬼」のあらすじネタバレ結末を解説します!

今までよりも強い鬼と戦うことになります。

禰豆子も加戦することになるので、違った視点で楽しめます!

鬼同士の戦いも新鮮なので、以下からどうぞ!

※以下から、ネタバレを含みますので、未だ知りたくない方はご注意ください!

\鬼滅の刃を無料視聴するならU-NEXT/

配信サービス 無料期間

31日間無料

鬼滅の刃9話のあらすじネタバレ結末

鬼滅の刃9話のあらすじネタバレを解説します!

朱紗丸(すさまる)と矢琶羽(やはば)は、鬼舞辻無惨から血を分けて貰ったので、力が強くなりました。物語は、二人の刺客が炭次郎達を襲い始めるシーンから始まります。

愈史郎の血鬼術で、家が隠されていたのを、朱紗丸と矢琶羽は見つけました。そして、朱紗丸が家に毬を投げて攻撃し始めます。毬は家をボロボロにし、愈史郎の頭を弾きます。その際、毬は変な動きをしました。

炭次郎は、禰豆子に、助けた女性を地下室に連れていくように頼みます。そして、朱紗丸と戦い始めます。朱紗丸の狙いは「耳に花札の鬼狩り」がある炭次郎でした。炭次郎は、毬を漆(七)ノ型・雫波紋突きで突きますが、毬は再度動き始めるのでした。

愈史郎の血鬼術は、建物や人の気配や匂いを隠せる能力でした。しかし、人数が多いと効力が弱まるらしく、今回の襲撃にイライラしていました。

そんな中、朱紗丸は、十二鬼月 (じゅうにきづき)と自分を名乗ります。珠世は、注意して戦うように炭次郎に伝えます。そして戦いは加熱します。毬は矢印で軌道を変えられていたので、矢印を見るために、愈史郎から目をかります。そして、矢印の鬼を探すように禰豆子に伝え、炭次郎は朱紗丸と一騎討ちとなります。

禰豆子は、矢印の鬼を見つけて攻撃することで、一時的に変則な毬攻撃が止みます。そして、参ノ型・流流舞いで、朱紗丸の腕を切ります。一方、禰豆子は、矢琶羽の攻撃で飛ばされます。

それから、戦う相手を変更して、炭次郎は矢琶羽と戦い始めます。炭次郎の攻撃を受けて飛ばされまくります。それを、型を使って回避行動をとります。

一方、朱紗丸とは、禰豆子と愈史郎で戦います。愈史郎は消えることで朱紗丸に攻撃をします。

そして、炭次郎は矢印を避けながら戦います。陸ノ型・ねじれ渦で矢印を巻き取り、参ノ型・流流舞いの足捌きを使い、最後は弐ノ型改・横水車で矢琶羽の首を切ります。

【結末まとめ】

①刺客の狙いは炭次郎だった。

②珠世は尋ねものの扱いだった。

③愈史郎の血鬼術は気配を隠せる能力だった。

④朱紗丸は十二鬼月 (じゅうにきづき)である。

⑤炭次郎は矢琶羽の首を切ります。

鬼滅の刃9話の感想

鬼滅の刃9話の感想をご紹介します!

第9話は、鬼同士の戦いもあり、炭次郎の成長の戦いでもありました!

鬼同士はお互い死ぬことはないので、不毛な戦いになるようです。

炭次郎は、複数の技を組み合わせることができたのに驚きました。

強い鬼が出てきて、今後、型がどこまで増えるか楽しみですね〜

鬼滅の刃9話の伏線と謎と考察

鬼滅の刃9話の伏線と謎を列挙します!

【鬼滅の刃9話の伏線と謎】

①血鬼術が使える鬼とは?

②十二鬼月 (じゅうにきづき)とは?

血鬼術を使える鬼が増えてきましたね!

まりを使ったり、矢印を使ったり、姿を消せたりと、様々な能力があるようです。

おそらく、珠世も血鬼術が使える鬼でしょう〜

十二鬼月と名乗る鬼でしたが、それが何なのか謎でしたね!

強いのは確かだと思うのですが、十二鬼月の2人と戦っている今の現状ですかね〜

今後、他の鬼も明らかになるので、楽しみですね♪

まとめ

アニメ『鬼滅の刃』の9話「手毬鬼と矢印鬼」のあらすじネタバレ結末を解説しました!

十二鬼月が、今後の鍵になりそうですね〜

今の鬼よりも強い鬼が、残り10体以上いるのは脅威です!

どこかで、炭次郎の修行が再度行われそうな気がしました〜

次回も楽しみに待ちたいと思います♪

\鬼滅の刃を無料視聴するならU-NEXT/

配信サービス 無料期間

31日間無料